カレンデュラ (リヨン) * バイオダイナミック有機 * 無農薬 * ご予約限定完売

¥1,150 税込

解除

カレンデュラ

カレンデュラ Calendula officinalis キク科 花

用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: フランス フランスリヨンバイオダイナミック有機農法ハーブ園
原材料: バイオダイナミック有機、WHO認定、欧州医薬品庁認定

マリーゴールドは、天気予報の花として知られています。 朝、茎がピンと立ち上がり花が咲いていたら1日中、美しい青空の日、朝7時以降に花が閉じてしまうと雨とわかったほどです。   マリーゴールドには多くの名前があり、カレンデュラ、黄金の花、枯れた花といわれています。

何世紀も前の農民女性の世代は、マリーゴールドから癒しのハーブティーをいれました。のちに、典型的な黄色の花弁は、高価なサフランを偽造するために使用されました。さらに、それからバターの着色剤を作るようになりました。

マリーゴールドは、キク科に属する60cmの高さの植物にめったに越冬しない、1年。その根は、紡錘形の繊維状枝分かれした根茎です。茎は直立し、縁があり、少し枝分かれし、交互に立っている葉があります。

マリーゴールドの葉は、粘着性があり、わずかに毛むくじゃくしており、長円形の槍状体。花は葉のような葉柄で個別に立っており、花のガクには多数の狭い菱形の小葉が付いています。花は黄色からオレンジ色です。