脳の健康と認知と免疫アップ

エイジング&デイリーサポート 

認知、脳の健康、免疫力アップ

脳の健康と認知と免疫アップ

¥2,400¥7,680

脳の健康と認知と免疫アップ ブレンド

脳を健康に、いつまでも俊敏な脳のために

脳の健康を増進したいとき

脳を健康に保ちつつ、俊敏にアクティブに脳が働くことをサポートするハーブで作られました。

★ 国産のイチョウとヤマブシタケを使用。
★ 肝臓を保護するウコンを含むため、内蔵にもやさしい。
★ 血流改善に最適。

ブレンド原材料

イチョウ、ライオンズメイン、ラパコ、ウコン、ローズマリー、ゴツコラ

・ フランスメディカルハーブ研究所認定のハーブ素材(ローズマリー)
・ 国産(イチョウ、ライオンズメイン)
・ EUオーガニック(ラパコ、ゴツコラ)
・ バイオダイナミック有機(ウコン)

イチョウ

酸素が不足しているときに脳の健康を増進し、脳内の水分貯留(浮腫)の形成を抑制し、脳浮腫の退行を促進し、記憶と学習能力を高め、バランス障害のバランスを取り、血液循環、血液の流れ特性を改善し、抗酸化を促進します。

イチョウ葉は、特に認知症や脳障害を持つ人々のために、イチョウが使用されています。記憶障害、うつ病、集中力障害などの精神障害や耳鳴りに使用されているハーブです。

ライオンズメイン(ヤマブシタケ)

ライオンのたてがみのようなキノコの微細なカットをブレンドしました。
ヘリセリンという成分が認知症やアルツハイマーに効果的であるということがInternational Journal of Medicinal Mushrooms により発表されました。アルツハイマー型認知症においては、脳における神経細胞が失われてしまうことによって発症することが原因のようですが、この神経細胞の損傷を防止する経細胞成長因子の働きを強化させることができます。

また、強力な抗炎症特性の一部により、ライオンズメインキノコは、胃と消化器系の機能を改善します。胃炎と炎症性腸疾患の症状を大幅に改善する可能性があることが証明されています。

ほか、日本での2015年の研究では、ライオンズメインキノコが脂肪組織の炎症を軽減できることがわかりました。脂肪組織の炎症は、心臓病、脳卒中、糖尿病のリスクを高める一連の状態であるメタボリック シンドロームの形成要因であるため、これは重要です。

ラパコ

セレンの状態が低いと、死亡リスクの増加、免疫機能の低下、認知機能の低下につながります。ラパコの強力な要素は、細胞に損傷を与えて病気を引き起こすフリーラジカルを除去する抗酸化物質であるセレンです。セレンは人体にとって非常に重要なミネラルです。セレンのいくつかの利点には、免疫力を高め、認知機能の維持、フリーラジカルによる損傷や炎症から体を守る抗酸化作用に参加し、代謝を促進する上で重要な役割を果たす能力が含まれます。

ウコン

ウコンほど多くのメリットがあるハーブはないでしょう。ウコンに含まれているクルクミンが脳由来神経栄養因子を介して神経伝達物質の機能に影響を与えています。また、飲み続けることで痛めがちの肝臓を保護してくれます。

ローズマリー

ローズマリーの葉に含まれるジテルペンは酸化物の生成や脂質過酸化も抑制する働きがあります。
また、カルノシン酸は酸化的ストレスから生物組織を保護するという働きがあり、体のサビつきや動脈硬化を予防する効果が。

ゴツコラ

中枢神経を刺激して、脳を活性化する作用があります。
血行促進をし冷えや肩こりを改善したり、肝臓の機能を高める作用も。
そのため集中力や記憶力アップしたい場合に有効的。

脳の健康 に関するコラム

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
✗ 高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
✗ 明るい場所
✗ 光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
✗ 冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。

---------------------

注目の人気ハーブ