胃のつらさに

胃炎・消化

胃のつらさに

¥750¥4,000

胃のつらさに

消化不良、胃炎に

食後に満腹感をいつも感じて胃炎に苦しんでいる人、大量の食事の後の消化を促進するのに適しています。
EUオーガニックの上位であるバイオダイナミック有機認証のペパーミントとマロー葉花を使用しています。

  • 消化器系の不快感を和らげます。
  • 過剰な胃酸を中和します。
  • 腸の腫れを緩和します。
  • 食後の胃炎を防止します。
  • 満腹感による眠気を避けることができます。

ブレンド原材料

原材料:フェンネル、ペパーミント、マロー葉花、リコリス

・バイオダイナミック有機(ペパーミント、マロー葉花)
・EU オーガニック(フェンネル、リコリス)

フェンネル

主に胃腸系に作用し、食物の吸収と過剰な液体の排出を促進します。時々刺激性の食物の摂取による炎症のために収縮する胃腸管の筋肉組織を弛緩させます。ほかに、フェンネルは腸の中のガスを除去します。医療専門用語におけるこの性質は駆逐性と呼ばれます。腹部の空気は、迷惑であることに加えて、食物の吸収不良であるため、問題もあります。この胃腸筋系の弛緩と駆風効果のおかげで、消化を改善します。

ペパーミント

WHOと欧州薬局庁は、消化不良や鼓腸などの消化関連の問題の緩和に使用を認めています。当店のこちらのペパーミントは、EUオーガニックの認証の上、これらの認証を受けた後でなければ、申請承認されない上位のバイオダイナミック有機認定のハーブを使用しています。

マロー葉花

WHOと欧州薬局庁は、胃や腸の軽度の不快感を和らげるためにマローの葉とそして花を承認しました。当店のこちらのマロー葉花は、EUオーガニックの認証の上、これらの認証を受けた後でなければ、申請承認されない上位のバイオダイナミック有機認定のハーブを使用しています。とても優しい風味です。

リコリス

胸焼けだけでなく、吐き気、消化不良、腹痛の自然療法を含む機能性消化不良に対して効果的です。WHOと欧州薬局庁は、胃腸障害への使用を承認しました。

line_simple20211226

ハーブティーの淹れ方ハーブの保存方法
ハーブティーの淹れ方
teatime

1.美味しいハーブティーを用意する。

バイオダイナミック有機、EU有機(USA有機とは基準が異なります)、有効成分含有一定、自然農法(パーマカルチャー)のいずれかのハーブを使用しましょう。

2.ポットは陶磁器

金属やガラス、鉄は避けましょう。土でできた陶磁器を用意します。

3.ポットはあらかじめ温めておくこと

ポットをお湯で注いだり、洗うのではなく、ポットをコンロの上に乗せて温めるのがベスト。

4.ハーブの茶葉はじかにポットに入れること

ストレイナーやモスリンの袋やだしパックなどに入れずに、ポットの中に茶葉を入れましょう。ハーブは、ポットの中で踊りだしますが、その時に香り、有効成分が放出されます。パックの中に詰めた茶葉は、この踊りができません。小さな茶葉の1つ1つの全面がお湯にしっかりとつかることが大事です。

5.ハーブの茶葉がポットの中で落ち着くのを待つこと。

茶葉がポットの中で踊っているとき、少しポットを軽くやさしく揺すって、それから、茶葉がポットの底に落ち着くまで待ちましょう。

6.カップは、マグカップを使うこと。

カップは、テーカップ用の高さが低い茶器のほうが見た目が、と思われるかもしれませんが、これは、冷めやすいため、マグカップをオススメします。平たいカップは、外気に触れる面が広いからです。
ハーブの保存方法
ハーブの保存には、密閉度が高いこと、冷暗所であることが条件です。光があたるような透明な袋や瓶などは避けてください。

決して置いてはいけない場所
✗ 高温多湿の場所(キッチン、リビング・ダイニング、南面など)
✗ 明るい場所
✗ 光があたる場所、南の部屋や朝日夕日があたる部屋(窓からの直射日光があたる場所)
✗ 冷蔵庫(結露が袋内にたまり、その水分で変色、品質が変わります)

推薦する保存
具体的には、袋や瓶ではなく、脱気をして不透明の袋で保存すること。その上、できれば、冷蔵庫ではなく、黒い箱や保湿庫などで、湿度40%以下に保つこと。除湿機などで調整する、カメラ保管庫で保管する、などがあります。たくさんのハーブがあり、その部屋に窓がある場合は、さらにその上で、遮熱遮光性のレースとカーテンが必要です。*家庭用脱気シーラーは量販店にあります。

普段、冷蔵庫で保存している食品、お米やお菓子など、家庭用脱気シーラーでご使用されている袋保管方法で十分です。ただ保存場所は、引き出し、箱など暗くて湿度や温度の低い冷暗所で。
◎ 脱気シーラーで袋に詰める。
◎ 上記の袋を、涼しい薄暗い部屋、さらに不透明の箱やケースで保管すると最適。

---------------------

注目の人気ハーブ