慢性疲労・脱力感・倦怠感・消耗・免疫力アップ・パフォーマンスの低下・集中力の低下

体と心を強化

¥3,600¥8,000 税込

クリア

体と心を強化ハーブティー

慢性疲労、免疫強化、集中力アップのためのハーブティー

慢性的な疲労や消耗から回復する『心と身体を強化』ハーブティーは、パフォーマンスの向上につながることが証明され、免疫システムの強化、肝臓保護効果もあります。

慢性疾患は絶え間ない消耗を引き起こします。長時間の睡眠をしているにもかかわらず、安らかな睡眠を見つけることができません。不眠症やその他の睡眠障害(多くの目覚め)がますます増えます。

ジンセン、ロディオラ、タイソウなどのハーブは、疲労、消耗に対して効果があります。刺激的な効果があり、すぐに疲れを癒すものもあれば、より長期的に疲労と消耗を助けるものもあります。

慢性的な疲労のためのハーブティーを服用することは良いスタートであり、安らかな、平和な睡眠に戻るのに役立ちます。

慢性疲労、脱力感、倦怠感を伴った消耗に。
免疫力アップが期待できます。
パフォーマンスの低下や集中力の低下を改善します。

 

体と心を強化ハーブティーの成分

ルイボスタイプは、飲みやすいハーブティー。

イェルバマテタイプは、イェルバマテにはカフェインが含まれているため、お好みによってお選びください。イェルバマテは、コーヒーや紅茶よりカフェインが弱いため、胃にやさしいです。

原材料:ジンセン、ロディオラ、タイソウ、ルイボス、イェルバマテ

EU オーガニック(ジンセン、ロディオラ、タイソウ、イェルバマテ)
バイオダイナミック有機(ルイボス)

 

ブレンド原材料

ジンセン

フランスで種子から栽培し収穫されたジンセンを使用。
ジンセン自身の保護のために、発芽から6年目になると根のジンゲソシドの含有量が2倍になり最も豊かになったときのものです。さらに、ジンセノサイドが集中しているのは、レッドジンセン。
ジンセンの根の成分ジンセノシドは、環境の影響や刺激に対する耐性を高め、病気への感受性を低下させる可能性があります。また、免疫システムを刺激して強化することもできます。それらはフリーラジカルに対して働き、脳のパフォーマンスを刺激し、抗菌および肝臓保護効果さえも持つことができます。

体と心を強化

ジンセンの根は脳のさまざまな領域に作用します。それらが特定のメッセンジャー物質を放出させ、それが身体的および精神的パフォーマンスの向上につながることが証明されています。これらには、例えば、ホルモンのドーパミンおよびセロトニンが含まれる。これは、ドーパミンが報酬システムでどのように機能するかです。ドーパミンが放出されると、幸福感が生まれ、疲労を克服してパフォーマンスを向上させることがよくあります。セロトニンは体内のさまざまな場所で作用し、たとえば、心血管機能、胃腸管、または血液凝固に影響を与える可能性があります。

これらのメッセンジャー物質が酸素の利用を増加させ、例えば、運動選手の心拍数を改善することができるといういくつかの兆候があります。これらの影響は、濃縮されたジンセン根抽出物を使用することで減少することが示されています。

病気にかかりやすくなる免疫増強

医学が回復について話すとき、それは病気の発症前の健康状態を回復することについてです。ここでも、ホルモンが重要な役割を果たすことができます。特定の物質は、ストレスが発生した場合の適応を低下させると考えられています。その結果、病気による消耗は回復プロセスに影響を与える可能性があります。ジンセンルートなどの薬用植物の成分は、2つの方法で長い病気の後の回復をサポートすることができます。

一方では、すでに上で説明したように、それらは有用なホルモンの放出を増加させ、無気力と悲しみを克服するのを助けることができるので、体と心に強化効果があります。

さらに、効果的なジンセノシドは、体自身のインターフェロン産生を活性化することにより、免疫系を活性化および強化することができます。インターフェロンは免疫系を刺激することができるタンパク質です。

さらに、免疫系にとって重要なヘルパーT細胞とBリンパ球がますます形成されています。Tヘルパー細胞の主なタスクは、免疫系の他の血液細胞に情報を渡して、不要な侵入者に対して的を絞った行動を取ることができるようにすることです。同時に、それらはBリンパ球に結合し、それらを増殖させます。Bリンパ球は抗体産生血漿細胞に変換され、病原体に対して体系的に作用することができるため、このプロセスは非常に重要です。

これらの作用メカニズムのおかげで、ジンセンの根は長い病気の後の回復時間を短縮し、古いパフォーマンス能力をより迅速に回復することができます。

真性糖尿病を患っている場合、または水の排泄に影響を与える薬(抗利尿薬)服用している場合は、事前に医師に相談する必要があります。

ロディオラ

ロディオラは、免疫力疲労を打ち消し、身体的および知的パフォーマンスを促進します。ロディオラは、優れた天然刺激剤であるため、抗ストレス機能も備え、また長期記憶を改善します。

免疫システム

体の防御を強化し、抗菌および抗真菌として機能します。ロディオラで満たすと、細菌や感染性物質からあなたを守ります

集中力障害とストレスへの影響

ロディオラは、特別なシグナル物質(神経伝達物質)の放出を刺激することにより、集中力と記憶にプラスの効果をもたらす可能性があります。ただし、この効果は短期的な効果にすぎないはずです。長期的には、ロディオラの根の作用機序は、環境の影響などへの身体の適応を改善するように設計されています。このようにして、脳内の神経細胞は長期的によりよく保護されるべきです。
これらの印象的な効果の理由は、ロディオラの根によってますます形成される可能性のある、体自身のメッセンジャー物質(神経伝達物質)の効果に由来する可能性があります。これらには、例えば、神経伝達物質であるノルエピネフリン、ドーパミン、アセチルコリン、およびセロトニンが含まれる。それらはすべて神経細胞に直接影響を及ぼし、情報を処理して脳に保存するために使用されます。それらの最適な相互作用を通じて、神経伝達物質は精神的パフォーマンスを促進し、したがって記憶パフォーマンスも促進することができます。それらの形成と分布の増加はまた、より良い身体的幸福につながる可能性があり、これはまた、抗ストレス効果または改善されたストレス耐性と呼ばれることもあります。
これらの効果は、ホルモンの放出によって精神的な鮮度、運動中の筋肉細胞の高レベルの集中​​およびエネルギー節約を達成できるため、アスリートにプラスの影響を与えるとも言われています。

痛みの感覚と抗炎症効果の低下

ロディオラは「幸福ホルモン」の形成を刺激することができるようです。これらのホルモンの効果は明ら​​かです。それらは一時的に肉体的および精神的な回復力を大幅に高めることができますが、同時に痛みの感覚を軽減します。
ここで、狭義の幸福ホルモンは、エンドルフィンとしても知られている体自身のアヘン剤にすぎません。ハーブオピエートとは異なり、体自身のエンドルフィンは無害です。これは、ローズルートによる物理的パフォーマンスの向上の正当化を終わらせるものではありません。
すでにコルチゾン製剤を服用している人なら誰でも、この物質がとりわけ炎症に対して使用されることを知っています。脳は副腎皮質刺激ホルモン(略してACTH)と呼ばれるメッセンジャー物質を生成します。ACTHは副腎皮質に作用します。これは、体自身のコルチゾンが形成され、放出される場所です。
したがって、コルチゾンは体自体によって生成される可能性があり、少量では有害ではありません。抗炎症効果があります。
さまざまな研究により、ロディオラがACTHの産生を刺激し、副腎皮質を介してより多くの抗炎症性コルチゾンを形成できることが示されています。この効果は、例えばマラソンの後など、身体的な運動の後に再生時間が短縮される理由を説明することができます。これの間接的な結果は、回復時間が短縮されるため、物理的なパフォーマンスが向上することです。

タイソウ

体を温め、緊張を緩和させる作用をもちます。

ルイボス(レッド)

運動の後の肉体疲労ではなく、神経緊張、不眠、炎症、消化など代謝についての改善に役立っています。

イェルバマテ(グリーン)

イェルバマテのカフェイン含有量は神経系を刺激し、心拍数が増加し、スピードアップします。肉体的および精神的な疲労と疲労は短時間で治まります。

イェルバマテグリーンとローストの違いは、カフェイン含有量にあり、ローストよりもイェルバマテグリーンの方が0.6%高くなっています。

中枢神経系を刺激する

イェルバマテは主に中枢神経系(CNS)の穏やかな刺激剤として作用し、そこから体の多くの機能が影響を受けます。これは心臓を刺激し、心拍が加速し、血圧と筋肉の活動が刺激されます。

また、脱水効果もあります。腎臓への血流が改善され、体内への水の吸収が減少します。多くの人が(短期の)痩身治療中にこの効果を利用します。同時に、炭水化物から得られ、肝臓や筋肉の細胞に蓄積されたグリコーゲンの形で蓄積されたエネルギーは、より迅速に分解されます。ただし、アスリートでは、この影響により長期的にパフォーマンスが低下する傾向があります。一方、イェルバマテは脂肪の「分解」(脂肪分解)を促進することもできます。

 

+ EU オーガニック

土の寿命

可溶性肥料の使用は厳密に制限されているため、特に鉱物窒素肥料は許可されていないので、植物に栄養を移すことができる細菌、真菌などの土壌生物の活性によって土壌の自然な肥沃度を高めること。

多年にわたる作物

豆類や他の緑肥作物を含む多年生作物の回転を利用し、土壌の肥沃度や生物活性を高めるために家畜ふん尿や有機物を使用。土壌有機物を維持または増加させ、土壌の安定性と土壌の生物多様性を高めるために、耕作のような適切な栽培方法。バイオダイナミック作成の製剤使用は許可。

害虫の発生の防止

有害生物、病気、雑草の発生を防ぐため、有機農家は合成農薬や除草剤を使用することはできません。多年にわたる作物の転回および適切な栽培技術は、害虫、病気および雑草に対する植物の保護において役割を果たします。

+ バイオダイナミック農法

大量生産ではない、人の手による完全無農薬のバイオダイナミック有機ハーブは、一般的な有機肥料の強い独特な香りとは全く違った風味があります。

オーガニックとバイオダイナミック有機の大きな違い

1.土壌中の生命

従来の農業は土壌中の生命を殺してしまいますが、通常の有機農業ではそれをそのまま維持し、バイオダイナミック農法は土壌の生命が生き続けることを使命としています。

2.土壌殺菌の銅の使用

土壌の殺菌として、通常の有機農業では銅を使用しますが、それは土壌真菌の個体数を破壊し、長期的には土壌の質を妨げるためです。バイオダイナミック農法ではほとんど使用していないことを条件とします。それは、何十年何百年と持続的に継続して土壌が使用される自然を第一条件とするからです。

3.堆肥

バイオダイナミック有機の堆肥は、ヤロウ、タンポポ、ネトル、カモミール、樫、バレリアンを使用します。化学物質は含まれません。
カモミール: カルシウムの代謝に関連しており、窒素のプロセスを調節します。
ネトル: 窒素と鉄に関連していて、最初の2つの準備の影響を強化します。それは堆肥と土壌に一種の感受性を与え、良い腐植を促進します。
ヤロウ: 硫黄とカリの移動性に特別な役割を果たします。
樫: カルシウムと関係があり、増殖と活気の現象による植物の病気を調節します。
タンポポ: とりわけ、それはケイ酸に関して重要な役割を果たします。
バレリアン: 土壌中のリンの移動を助け、堆肥の周りに一種の保護熱マントルを形成します。これはあらゆる生物にとって不可欠な皮膚にあたります。

4.肥料 有機農業では、化学肥料など外部から取り込まれます。

バイオダイナミック有機では、一切外部からの使用はありません。馬や羊を放し飼いにし、消化と変換を介した肥料を使用します。

5.すべて人間の手で行い機械を使用しない

バイオダイナミック有機の生産モードはかなりの労働力を必要とし、大量生産するハーブ農場には適していません。手作業による収穫、各ハーブの手作業による選別や処理は、非常に時間がかかるため、生産性が低く組織化できません。そのため、少量での栽培収穫になり、一般の有機産物より割高になります。

 

厳しいチェックを合格した有機農法

世界で一番厳しいオーガニック認証です。まず、ヨーロッパでオーガニック認証を受けていることが第一条件。その上で、バイオダイナミック有機の審査に合格したものです。通常の有機栽培の一種、とは別物です。

この農法は、世界で一番厳しい条件をクリアした有機栽培。

金属や機械をなるべく避けますので、大量生産のように乾燥機で焦がして茶色になるようなこともありません。緑の葉がすべて茶色のときは、乾燥をどんどんと続けるため熱で焼けてしまったもの。あるいは既に酸化してしまったもの。有効成分はすでに破壊されています。

持続性可能な農法

金属製の機械をまったく使わない、ということは、手作業が多く必要となります。現代は、どんなことでも機械化され、合理化され、仕事を失った人が増えてきています。ところが、手作業の農法であり、バイオダイナミック有機農法を行っている人たちは、暮らしもすべて手作業。水は雨水を濾して使いますし、家も手作り、もちろん、すべて自給自足です。ですから、人が解雇されて仕事がない、ということが起こりません。持続性可能な農法なのです。
DP2

完全無農薬

通常の有機農業のように、一部化学肥料を使用する、ということは絶対にありません。上記にあげているようなハーブを肥料として使用しています。

収穫

バイオダイナミック農法は、収穫も手摘み。手作業で手間暇をかけるため、 私たち人間の仕事がなくなりません。自然も動物も人間も、持続可能な生き方をしている方々のハーブです。
DP1

自然乾燥

この農法で栽培収穫される量は、ごくごくわずかです。

主に、フランス、オーストリア、スイス、ベルギーからの素材を扱っています。私どもが取り扱うハーブは、色と香りを保ちながら有効成分を損なわないように、木でできている棚に入れ、低温(25〜27℃)の季節のときに24時間から36時間くらい、ゆっくりと穏やかに除湿されて乾燥させます。大量生産あるいや有機農業では、乾燥機を使用しますが、バイオダイナミック有機では自然乾燥ですからハーブを痛めません。

結果、活性成分の有効性が高まり、特に敏感な結晶化の方法によって証明されたハーブティーの強い活力が得られます。

環境にやさしいビニール未使用

袋詰めにも機械や金属を使いません。ハーブは荒くゆすったり、乱暴に振ったりすると、それだけで有効成分がどんどんと消滅してしまいます。手で入れる方法がこの農法です。自然のままのハーブティーをお楽しみいただくためにご用意しています。また、環境に厳しい国々では、ビニール袋に活きたハーブを入れるようなことはしません。紙袋です。さらに電気工具を使用しませんから、人間の手でテープ止めします。当店でもハーブは紙袋でお届けしています。ハーブは6ヶ月以内の消化が基準ですから、それ以内に使用できるように各自ご納得のいかれる方法で保存保管してください。