集中力がほしい・うつっぽい

イチョウ
有効成分含有:基準以上認定

¥1,200¥2,000 税別

  • 50g
  • 100g
クリア

  

イチョウ / ギンコ

イチョウ Ginkyo biloba イチョウ科 葉
用途: 食品 (ハーブティー・料理など)
収穫地: イタリア
原材料: フランスメディカルハーブ研究所認定(フラボノイドヘテロシドとして表されるフラボノイドの最小含有量が0.5%の最小含有量を有​​する)、WHO認定、欧州医薬品庁認定

イチョウは、生命力をパワフルにしてくれるため、毎日の健康茶としてオススメ。脳の若返りのお茶。

イチョウに関するコラム

イチョウを含むハーブティー

・ 脳の若返りブレンドハーブティー

複数の効果を持つ植物エキス

イチョウの葉は、特に認知症と脳障害で、特別なイチョウ葉エキスとして採用されています。イチョウ抽出物は記憶障害、うつ病および集中力障害などの精神性能障害に、また耳鳴りにも使用されます。 めまいや耳鳴り / 耳鳴りなどの症状もイチョウの葉で治療されます。別の重要な応用分野は、いわゆるショーウィンドウ病(末梢動脈閉塞性疾患、PAD)に関するものです。このしばしば痛みを伴う疾患では、罹患者は血液循環の改善から恩恵を受けることが示されています。たとえば、PAD患者が痛みを伴わずに歩くことができる歩行距離も延長できます。

イチョウの葉の成分

科学的知識によると、有効性を決定する成分は、何よりもイチョウのフラボン配糖体とテルペンラクトン(ギンコライドとビロバライド)です。ファイターオイル、ケルセチン、イソラムネチンは、イチョウの特別な抽出物にも含まれています。イチョウには、プロシアニジン、長鎖炭素(アルコール、アルデヒド、ケトン)および脂環式酸、サイクライト、キナ酸、アスコルビン酸、糖酸、シキミ酸、ギンコール酸、ヒドロキシギコール酸、スクロース、ピニト、およびセコイタイトを含む炭水化物も含まれています。 しかし、これまでのところ、医学研究はイチョウの成分がどのように正確に連携するかを解読することができませんでした。ただし、フラボノイドやテルペンラクトン(イチョウやビロバライド)などの一部の有効成分は、相乗効果を介してのみ効果を達成すると想定されています。イチョウ葉単品ではなく、ブレンドハーブティーを推奨。 → 脳の若返り

一方、ギンコール酸は毒性があり、体調に悪影響を与える可能性があるため、望ましくありません。完成医薬品の場合、ギンコール酸は特別な製造プロセスによって削減されます。イチョウ抽出物には、5 ppm(parts per million)のギンコール酸が含まれてはなりません。

イチョウの脳への影響

数年前、イチョウは主に自然な血液循環の治療薬として見られていました。現在の研究は、主に脳に影響を及ぼす他の医学的に非常に興味深い効果を明らかにしています。イチョウは血管に拡張効果があり、血液の流動性を改善します。これらの特性は、脳への血流を改善します。

イチョウの効果はさらに大きくなります。イチョウ抽出物のさまざまな成分(フラボノイドとテルペンラクトン)が脳内のさまざまな遺伝子を制御します。これは、攻撃的な酸素分子(酸素ラジカル)から脳細胞(ミトコンドリア)の構造を保護すると同時に、その機能を向上させます。ミトコンドリアは脳細胞の「適合性」にとって重要であるため、脳のパフォーマンスに決定的な影響を及ぼします。イチョウはまた、脳細胞の再生を改善することができます。

神経細胞を保護する

認知症は、記憶力と精神機能の障害に関連しています。今日、イチョウの葉の有効成分がフリーラジカルを遮断し、特定のタンパク質(酵素)を活性化することが知られています。これにより、神経および脳細胞を損傷から保護し、再生をサポートできます。 成分のもう1つの重要な効果は、特に微小循環での血液循環を促進することです。つまり、栄養素と酸素はより小さな血管(毛細血管、細動脈、細静脈)に輸送されやすくなります。細胞内のエネルギー代謝が促進されます。 これは、ミトコンドリア(細胞の「発電所」)がより多くのエネルギーを生成することができ、神経細胞が全体的によく供給されることを意味します。血液の流動特性は、とりわけ、粘度(粘度)の低下によっても影響を受けます。 年齢が高くなるほど、脳内の特定の「受容点」(コリン受容体)が減少します。ただし、ニューロンの機能を維持するには、コリンの吸収が重要です。この機能は、記憶と記憶にとって重要であり、アルツハイマー病患者でも重要な役割を果たします。

動脈疾患の痛みのない歩行

ショーウィンドー病、医学:末梢動脈閉塞性疾患(PAD)は、危険な疾患であり、ほとんどの場合、血管石灰化(動脈硬化)の結果です。ゆっくりと起こり、酸素が豊富な血液を運ぶ血管(動脈)を徐々に狭めます。長期喫煙者、高血圧症患者、糖尿病患者はしばしばPADを発症します。 pADでは、脚の血管はほとんど常に狭くなったり閉じたり(90%)しますが、これは主に歩行時の痛みによって顕著です。人が歩行から休憩を取ると、痛みは治まります。 イチョウの葉はPADの症状を改善することができます。PADでは、罹患者はすでに200メートル未満歩くことができます。フリーラジカル物質(代謝で生じる攻撃的な物質)は、血管収縮を促進します。

次に、イチョウは、フリーラジカルの形成に対抗できるフラボノイドが豊富です。私たちの細胞には小さな「発電所」、いわゆるミトコンドリアがあります。それらは、代謝に不可欠な「エネルギー」を生成します。イチョウはこれらの発電所の仕事を安定に保つので、悪い代謝産物であるフリーラジカルにはチャンスがありません。 これはまた、血管壁を強化し、堆積物が(少しだけ)後退することを保証する理由でもあります。このため、イチョウ葉を使用している人は、痛みを感じることなく、より遠くまで歩くことができます。

めまいへの影響

めまいは、バランスの乱れの感覚です。環境は回転または変動していると認識され、しばしば重度の吐き気を引き起こします。めまいの原因はさまざまであり、通常は無害です。

ただし、血圧が高すぎる場合や低すぎる場合、貧血がある場合、心臓のリズムが不規則な場合、脳の循環が悪い場合など、めまいが付随する症状として定期的に発生することがあります。

めまいは、脳腫瘍または脳卒中後にも発生する可能性があります。

イチョウの葉には、めまいの治療に推奨される唯一の有効成分があります。これは、原因が共通しているためです。それらはすべて、脳への不十分な血流に関連しています。最も小さい血管、細動脈および細静脈が影響を受けます。イチョウは二重の役割を果たします。血管壁を安定させ、脳内のこれらの小さな血管への血流を改善することが示されています。抽出物は脳細胞に対する保護効果があり、より良い酸素を提供します。このメカニズムは、バランス障害が相殺され、めまいが治まることを意味します。

耳鳴への影響

耳鳴りは、しばしば耳の最も小さな血管の血流の低下を伴います。血圧が(ストレスも原因で)非常に高い場合、これらの血管の血液循環が不十分になります。耳鳴りが発生する可能性があります。イチョウの成分は、一般的に頭と脳への血流を改善します。それらは血流を最小の血管まで増加させ、同時に血管壁を保護します。プラークやフリーラジカルなどの有害物質は、その形成が阻害されます。これらの理由により、イチョウは最小の血管までの血流を改善し、症状を緩和することができます。

WHO・欧州薬局庁データ

主成分:フラボニック化合物(0.5-1%)

薬理作用: 血管拡張作用、血管収縮作用、抗酸化作用と神経保護作用 脳血流と微小循環を改善し、低酸素症から保護し、血小板凝集の抑制を含む血液レオロジーを改善し、組織代謝を改善し、毛細血管透過性を低下させることを示しました。

適応: -確立された軽度認知症の年齢と生活の質に関連する認知障害の改善のため。 -原発性変性認知症、血管性認知症および両方の中間型を含む認知障害、記憶障害、集中力障害、抑うつ気分があります。 -閉塞性末梢動脈障害。 -めまいと血管と不随意起源の耳鳴。

使用方法: -十分に確立された使用(大人、高齢者):1日または2回の用量で、精製および定量化されたイチョウ葉粉の240 mg /日

治療期間:少なくとも8週間。 禁忌:薬物に対する過敏症。妊娠、母乳育児   副作用: 非常にまれに胃腸の不快感と頭痛。ギンコライド酸の存在に起因すると考えているアレルギー反応が起こる場合があります。

注意事項:重度の出血が起こりやすい患者では、イチョウ製剤の服用は手術の3〜4日前に中止する必要があります。 てんかん患者では、イチョウ製剤の摂取が新たな危機の出現の原因である可能性があることは除外されません。

副作用:非常にまれに胃腸の不快感と頭痛。一部、ギンコライド酸の存在に起因すると考えているアレルギー反応が発生する場合があります。

 

有効成分含有:基準以上認定

WHOと欧州薬局庁が、各ハーブにつき、有効成分の含有量基準が決められていて、その数値以上である、と承認されたハーブ 認定とは: 欧州薬局庁は、30年以上科学的に証拠がある約300種のハーブを有用である、と認めています。 その作業は、竹内めありも所属しているEUの各学会や代表団体で行われています。 そのハーブデータには、厳しい条件があり、有効成分が一定以上あること、定められた日数以上、決められた摂取方法である場合にのみ、有効である、という内容です。 このデータを基に、WHOは承認しています。   単にあるハーブが有効である、ということではありません。 ハーブ原料としては、有効成分が一定以上あること、が第一条件です。 そして、そのハーブを決められた方法で摂取することで、人は治癒される、と確証されているのです。 この、認定を受けたハーブを当店では『有効成分含有:基準以上認定ハーブ』として扱っています。   最近、有効成分量が一定以上含まれている、と承認された有機栽培のハーブも取り扱うようになりました。
  • 植物の同定を可能にする有効成分またはマーカーの決定
  • 重金属の測定
  • 殺虫剤投与量の測定
  • カップリングテスト