心に働きかけて体を元気にしたい方のために

たくさんある中から、代表的でおススメのハーブをリストアップします。
心に働きかけて体を元気にする
下記のハーブリストを見る前に、必ず、解説をお読みの上、1と2と3から1つずつお選びください。
単独に気になるハーブを選んでしまうと効果が望めません。
1968年、Israel I. BrekhmanとI. V. Dardymovが定義した、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きがあり、無害で、標準値より+-のいずれからも正常値へ戻すことができる性質を持つハーブをあげています。

1:ストレス適応力を高めるハーブ
ここにあげているハーブは、ストレス適応力を高め、代謝機能を強化し、心の面と体の両面のストレスに対する抵抗力を高め、ホルモンバランスと免疫機能を調整する特質があるものです。

※特に、1番に相当するハーブは一部、日本国において既に医薬品原料と認定されているため、製薬会社以外の取り扱いは不可であるものは、リストにあげていません。 ほか、1番に該当するハーブの多くは、中国原産でフランスのハーブラボにおいて現時点で「虫・虫の卵を含まない」、「農薬不使用」の試験に合格したものがありませんので、当店では販売を見合わせています。 そのため、25ハーブある中で数種のみが、安心してお飲み頂けるハーブとして販売しています。

2:上記のハーブが神経系の働きを高めるための補完ハーブ
それらのハーブだけではすべてが向上するわけではありませんので、次に、それらのハーブが神経系の働きを高める助けをするハーブを紹介します。
1にあげたハーブの効果をアップする補完ハーブですから、必ずお飲みください。

3:体全体の循環を促進する補完ハーブ
さらに、体全体と脳に至るまでの循環を促進し、補完的な効果のあるハーブをあげました。

下記にあげたハーブの当店の基準

  • 抗ストレス作用、免疫系を調整し、抗酸化作用がある。
  • 主にヨーロッパのハーブ研究所で認められている種類である。
  • 安全評価が高い。
  • 虫や虫の卵を含まない、農薬不使用の試験に合格している。
  • フランスハーブラボで有効成分が基準以上含有されていると認定されたもの。
  • (認定された”ハーブ”という意味ではありません。当店のハーブには必ず有効成分が含まれているというものです)
  • 土壌作り、種まき、栽培、収穫、自然乾燥まですべて電気機械を使わず、手作業で栽培した世界で一番厳しい有機。

飲み方:

1日、2,3回。毎回食前に。
おススメの飲み方は、朝食前は3のハーブ、昼食前は1のハーブ、夕食前は2のハーブ。

1:ストレス適応力を高めるハーブ ...フランスラボ 有効成分含有量認定

ストレス適応力を高め、代謝機能を強化し、心の面と体の両面のストレスに対する抵抗力を高め、ホルモンバランスと免疫機能を調整する特質があるもの。1のハーブはほとんどが根の部位で、一見、木の枝?と思うようなものです。やかんで煮出さなければなりません。現時点では、多忙な現代人が朝、出かける前の時間が少ないときにお茶として飲みやすい”葉”の部位のハーブを選びました。

2:ストレス適応力の働きを高める補完ハーブ 

EU オーガニックタイプは在庫なくなり次第、バイオダイナミック有機あるいはフランスラボ認定に変わります。
1にあげたハーブの効果をアップする補完ハーブですから、必ずお飲みください。

 3:体全体の循環を促進する補完ハーブ

体全体と脳に至るまでの循環を促進し、補完的な効果がある

– – – – – – – – – – – – – – – – – – 続 き を 読 む – – – – – – – – – – – – – – – – – –

続きは、会員様限定ページです。ログインするとお読みいただけます。