当店取扱のハーブについて

オーガニックとは

オーガニックとは、有機農業で、化学肥料、多くの農薬などを使用せずに農作物を栽培収穫することです。

当店のEUオーガニック認証ハーブの収穫地は主にオーストリア、ポーランド、イタリア、フランスです。

バイオダイナミック有機とは

バイオダイナミック有機は、世界で一番厳しい条件をクリアしたオーガニックです。まずは、ヨーロッパで1つ以上の有機認定にパスした後でなければ、Demeterという有機認定の申請ができません。持続性を大切にし、人工的である、電気やガスなどを極力使用せずに、すべて自然のものを使っての手作り。通常の有機には、若干の認められている化学肥料や農薬も使用できますが、Demeterはこれさえも使用しません。また、耕運機なども使いませんので、土を耕す、種まき、水遣り、収穫もすべて手作業。自然乾燥で行われます。熱を加えることで香りや成分を失わずにすみます。

 バイオダイナミック有機についての詳細

すべてオーガニックですか

バイオダイナミック有機、EUオーガニック、自然農法、そしてフランスラボ認定のハーブです。

栽培法であるオーガニックや自然農法のハーブは、有効成分を一定以上含有するための栽培ではないため、多くは有効成分の含有量にムラがあります。そのため、フランスのハーブラボ認定のハーブは、有機栽培ではありません。しかし、有機より、虫の卵や金属などは必ず取り除かれており、有効成分が一定以上のためには、当然農薬検査にクリアしたハーブでなければなりません。これらの検査を受けたハーブがフランスラボ認定として販売しています。 フランスラボについての詳細

カフェインは含まれていますか

ハーブの中にも一部、カフェインを含む種類がありますが、当店では取扱をしておりません。

味が変わることはありますか

ハーブなどの農作物は、天候条件によって異なります。風味の若干の変化は正常です。

私のカフェでハーブをドリンクでお出ししたいのですが

はい、どうぞ。こちら からお申し込みください。

ショッピング

住所、電話番号、名前、メールアドレスの変更方法は

マイページ内で行えます。新たにアカウントを取得すると、アカウント単位で集計するポイントや会員ランクが0からスタートになってしまいますのでご注意ください。

お買い物方法や支払いについて

ご利用ガイド をご覧くださいませ。

返品交換の変更方法は

万一、商品に破損(袋が破れていたなど)があった場合は、写真を添付の上、お問い合わせページよりお知らせくださいませ。在庫確認の上、至急、お送りいたします。お問い合わせ  返品交換などの詳細

当店からのご案内

ニュースレターはいつ配信されるのですか

ニュースレターは、メールでお送りしています。配信時期は、新商品発売、事務的なお知らせがあるとき。レシピやハーブで手作りなどもご紹介しています。

ニュースレターが届いていません。

迷惑メールフォルダやプロモーションタブ(Gmailのwebmail)内をご確認ください。
ほか、aol,hotmailは受信そのものができない場合がございます。ほかのメールアドレスでご登録お願いします。

当サイト上の情報

効果について

このショップサイトに掲載されているすべての商品とコンテンツは、示唆とエンターテイメント(楽しむ、遊び、気分転換)としてのみ意図されており、物理的な病気のための医師の診療を置き換えることはできません。

効果情報が厚生労働省と異なる

日本の厚生労働省のデータは、アメリカの国立補完統合衛生センター、国立医学図書館、国立衛生研究所を参照しています。ハーブの多くを、未だ研究がなされていない、という結論が多いです。(アメリカの製薬会社影響大のため)

私どもは、WHO(世界保健機構)、欧州薬局庁(EUの厚生労働省)と、バルセロナ大学薬学部の最新学術データに基づいています。

アメリカは、最近、EUに対し、効用効果の全てを世界統一させようと仕掛けていますが、EUは反発している状況です。

アメリカはCO2削減に協力せず、どんどんと働く場を作るため工業生産に力を入れていますが、EUはその逆で、積極的にCO2削減を普段の生活から取り入れ、ビニール袋ではなく紙袋使用が当たり前になっているくらいです。また、アメリカも日本も同様ですが、製薬企業と政府の力が強いですから、ハーブなど製薬以外のいわゆる治療のために対しての風当たりは嫌がらせに近いものがあります。

白樺の樹皮が効果がある、ということで、一時期、白樺の木が剥ぎ取られたことで壊滅した事件がフランスにありました。
そのため、ヨーロッパでは、白樺の樹皮の効果を認めているものの、積極的にそれを使用、販売しようとは考えていません。
しかし、アメリカはその反対です。
セントジョーンズなど、いくつかのハーブに関し、真逆の「効果がある学術データはいまだありません」と発表するなど、アメリカ発表とEU=WHOでは差異があります。

どちらをお取りになるかは、ご本人しだいと思います。

竹内めありと当店は、WHOとEUのデータを尊重しています。
そのほかに、まだ科学的に認められてはいないけれど、古代から使用されてきて私達に役立っている植物も尊重しています。

当サイトのシステム環境

推奨システム環境

Windows: Microsoft Edge, Internet Explorer 11・Firefox・Google Chrome
Mac OSX 10.10以上: Safari・Firefox
Cookieが「有効」
推奨環境以外でご利用の場合は、動作保証ができませんのでご注意くださいませ。

インターネット上でご覧になる当サイト、当サイトショップは、アプリではございませんので、Windows版、Mac版という仕様ではございません。インターネットの環境があればどなたでもご覧になり、ご利用いただけるものです。

お問合せやメールに写真添付できない

写真添付ができない場合は、携帯のハードの問題です。特にシムフリーはハードとご使用のアプリ、容量、写真画像の保存先などをご確認ください。当店では携帯に関するご回答はできかねますので、携帯ハードのメーカーにお問合せくださいませ。

メニューを閉じる
×

カート