タグ: デイジー

デージーの軟膏でお肌にうるおいを

デージーの軟膏でお肌にうるおいを


デージーの軟膏 は、抗炎症および創傷治癒があります。
ビタミンA、C、Eで肌に潤いを与え、サポニンやフラボノイドで保護します。

デージー軟膏を作る

デージーの軟膏の場合は、デージーオイルが必要です。

デージーオイルは、まず自分で準備することができます。
カカオやシアバターのような広がりやすい脂肪は適量ですが、ハチミツやカルナウバロウワックスのようなしっかりとしたワックスです。
ビーズワックスは地元の養蜂家から購入するのが一番です。
しかし、健康食品店やオンラインでも入手できます。
非常に強力なワックスを使用すると、軟膏をさらに広げることができるように、ウールワックス(ラノリン)を加えることができます。

エッセンシャルオイルを加えても、目的に合ったオイルを自由に決めることができます。
例えば、ユーカリ油は、抗菌強化、抗ウイルス、ティーツリーオイルにもあざに対して役立ちます。

基本レシピデージー軟膏
シンプルなデージー軟膏を混ぜるには:

デージーオイル 100ml
ビーズワックス5g
ラノリン10g
オプション:数滴の精油

1:すべての成分を慎重に測定する。

2:デージーオイル、ビーズワックス、ラノリンを耐火ガラスに入れ、中温の水浴で穏やかに温める。

3:ワックスがほとんど溶けたら、箸でかき混ぜる。

4:プレート上で数滴放冷ます。

軟膏があなたのために十分な堅さでない場合は、ワックスを少し加えてください。
あまりにも硬い場合は、オイルを加えてからもう一度テストしてください。

5:消毒した軟膏瓶に注ぎ入れます。

6:冷却するときに、必要に応じて数滴の精油を加え、箸でかき混ぜる。

7:ジャーにラベルを付けて日付と成分を記入。

冷暗所で保存すると、デージー軟膏は数ヶ月安定しています。

デージーハーブティー

デージーハーブティー

美しい牧草地の植物として、デージーは確かに誰もが知っています。しかし、デージーには、ビタミンやミネラルも豊富にあることをご存知ですか?ビタミンAとB、鉄、マグネシウム、カリウムとカルシウム – これはすべてデージーによって提供されます。ハーブティーとして淹れると、花は特に咳や鼻水に対して効果があり、同時に鎮静効果があります。

デージーの特徴

長い間、デージーの煎じ薬は、特に呼吸器疾患のための鎮静薬として考えられてきました。喉と鼻が詰まったり、咳が悩ませるときには、デージーが素早くお手伝いします。ビタミンAとCは身体の防御とマグネシウムを強化し、カルシウム、カリウム、鉄は身体の必須ミネラルをカバーするのに役立ちます。

外側からも適用され、繊細な花は本当の万能薬です。冷たいデージーハーブティーに浸した布を、小さな傷や皮膚にあててみましょう。乾燥した皮膚を予防し、瘡またはアトピー性皮膚炎では、肯定的な効果を達成することができます。特に、タンニンおよびフラボノイドが含まれているからです。デージーからは穏やかな軟膏を作ることさえできます。

デージーは、見ているだけでも気分を明るくしてくれます。

デージーティーの作り方

デージーは特に春に収穫することができます。特に牧草地や道に沿って、デージーは成長します。

新しく摘み取られたデージー・フラワーを2つ以上は必要としません。

  1. カップに新しく摘んだ花を2つ入れる。
  2. 250mlのお湯を注ぐ。
  3. カバーし、10〜15分間待つ。
  4. アクを取り除く。
 この穏やかなデージーティーは、寒さと戦ってくれたり、幸せにしたり、肌を内部から浄化したり、全身を浄化したりします。

デージーの花は、事前に収集し、拾った花を日陰のある場所で2〜3日間乾燥させてから、紙に包んでください。ハーブティーでお湯を注ぐとき、乾燥した花びらは奇跡的に展開します。

 

 

 

デージーオイルの作り方

デージーオイルの作り方

誰もが小さな花を知っていますが、デージーの可能性のある多くの利用方法についてあまり知られてません。ビタミンAとC、多くのタンニン、苦みとぬるぬる物質やミネラル、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウムが、小さな怪我だけでなく、発疹やシミに内部と外部から助けることができる重要な要素を提供しています。北部のアルニカと呼ばれています。
アルニカは、ハーブですが、医薬品原料認定されているため、どのような用途であれ一般販売ができません。扱いは製薬会社のみとなります。

デージーは牧草地ではほとんどどこでもそれを見つけることができ、春から晩秋にかけて使うことができます。多くの用途の1つに、フラワーヘッドのオイルエキスがあります。これは簡単に自分で作ることができます。

デージーオイルの塗布

デージーオイル抽出物は特に外部から適用される奇跡の働きをします。例えば、小さな創傷や切れ目の場合、皮膚に少しつけるだけで、すぐに痛みが緩和され、創傷が薄くなることがあります。油に浸された布で、患部を一日に数回拭くだけです。

デージーに含まれるタンニンや苦い物質は、皮膚をより滑らかにし、傷つきやすい部分の通常のオイルマッサージは、皮膚のひび割れに対処するのに役立ちます。

また、皮膚洗浄のためのオイルとして使用することができます。乾燥した肌に油を慎重にこすります。そして湿った布で拭き取る。スキンケアの場合、オイルは濡れた皮膚に塗布され、穏やかに吸い取られます。含まれているタンニンと苦味物質は、細菌や真菌への感受性を減らし、不純物や乾燥を防ぐのに役立ちます。したがって、デージーからのオイルは、にきび、湿疹を助けることさえできます。

デージーオイルを作る

癒しのデージーオイルに必要なのは、新しく集めたデージーの花と適切なベースオイルです。このレシピでは、特にビタミンが豊富なシスルオイルを使用しています。

1.デージー・フラワーを集めてしばらくの間、花の中に隠れている虫が逃げるようにする。

2.デージーを密閉容器にいれ、油を注ぎ、すべての植物部分を覆う。

3.鍋に水と2の容器に入れ、穏やかに加熱する。活性成分は、約40℃の温度で溶解される。

4.約90〜120分寝かせる。(60〜80℃で60分で十分)

5.その後、熱を取り除き、さらに1〜3日間放置し、室温で放置する。

6.フィルタで濾過し、遮光性のビンにつめかえてできあがり。

自家製のデージーオイルの耐久性は、ベースオイルの元の有効期限に基づいています。

あなたはデージー軟膏 やクリームのために油を使用し続けたい場合は、軟膏に使用される蜜蝋がこの温度でのみ溶けるので、オイルは後でそれに応じて加熱する必要がありますので、自信を持って60℃まで加熱することができます。

 

アレンジ

ベースオイルを選択する際には、最終製品のどの特性が重要かを検討する必要があります。例えば、ヒマワリ油は、オリーブ油ほどの有効期間はなく、比較的強いにおいのために、場合によっては避けた方がよいでしょう。

特に、健康食品店、健康食品店またはオンラインで見つけることができるホホバ油は、特に芳香に中立で、皮膚に優しいです。アーモンド油およびアルガン油はまた、特に皮膚に優しいことが知られています。あなたのお肌に最適なオイルを試してみるのに最適な方法です。

 ベースオイルに加えて、エッセンシャルオイルを数滴、あなたのデージーオイルに追加することができます。

 

 

デージーとデージーゼリー

デージーとデージーゼリー

Bellis perennis デージー

収穫月 すべての年
適切なプラント部品 葉、花、種子
花の色 黄色、ピンク、白
場所 短い牧草地、道端、芝生
毒性 非毒性
特別な成分 精油、苦味物質、鉄、フラボノイド、タンニン、イヌリン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、サポニン、粘液、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE(トコフェロール)
特長 収れん、血液浄化、鎮痙剤、去痰、痛みを緩和、代謝促進、消化器刺激
作用 動脈硬化症、気管支炎、湿疹、風邪、発熱、春の発熱、子宮の問題、痔、皮膚の炎症、皮膚の問題、咳、虫刺され、肝臓の弱さ、口唇ヘルペス、ニキビ、口内炎、歯肉炎

 

作用

美しい花を芝刈り機で刈る代わりに、何度も収穫して使うことができます。デージーは、薬草として、美しい花束や花輪のために食べるのに最適です。

デージーは祖先にとっては神聖であり、純潔と純粋さを表していました。

 

適用

ビタミンC、マグネシウム、鉄、その他の貴重な成分が豊富で、この健康をもたらす花は非常に多用途で、料理と薬用の両方に適しています。

心のこもった皿には、花と葉が使われます。野菜やポテトスープ、野菜料理、バターに適しています。

新鮮なパンに振りかけるか、または少しオリーブオイルで簡単に煮込んでおいしく味付けし、サラダに加えることもできます。

まだ閉じているか半開きの花頭がデザートに混ぜられ、ケーキにも使用されます。小さな花から、ゼリーやシロップを作ることもできます。

デージーゼリー

このおいしいゼリーは、素早く簡単に調製できます。デザート、お粥、シリアルなどの健康的でフルーティーな添加物としても適しています。

あなたの食材:

  • デージー2杯
  • リンゴジュース1リットル
  • レモンのジュース
  • あなたの選択したゲル化剤
  • ゲル化糖を使用しない場合:別の甘味料、例えばアガベシロップ

作り方:

  1. 鍋にデージーを入れて、リンゴジュースを注ぐ
  2. 約6時間寝かす
  3. デージーを除外する
  4. リンゴジュースをレモンジュースと、場合によっては甘味料と一緒に、ゲル化剤の指示に従ってゼリー状に煮る。
  5. よく調理されたスクリュージャーで熱く置く

癒し

デージーでは、人々はかつて多くの魔法の力を見ました。民間療法では、首に掛けられたデージーが幸福を与えたと信じられていた。

デージーには多くの癒しの可能性がありますし、今日も私たちが健康になり、健康になるのに役立ちます。それは単にハーブティーとして飲みます。それは精神強化の効果があります。

外部的には、にきび、傷および創傷の治癒に使用されます。花と葉のハーブティーは、風呂添加剤としても適しています。

新鮮な葉、茎および花は、虫刺されの腫れおよびかゆみを助けるために、すり潰されたり粉砕されたりすることがあります。

ティー

デージーのお茶は、咳、発熱、呼吸障害、肝臓の愁訴、骨盤の炎症、特に子宮、および出産後に飲みます。英国では、これは動脈硬化症の支持療法としてよく使用されています。

ハーブティーの準備のために、ティースプーン2杯のデージーに250mlのお湯を単に注ぎ、10分間放置する。

デージーハーブティーも去痰、鎮痙及び鎮痛剤、血液浄化、消化や代謝刺激効果が評判です。

 

デージーエキス

デージー抽出物は、口腔粘膜炎症および包皮のためのうがい薬として使用することができます。

準備するには、1リットルの冷たい水に約6時間、多くのデージーの花と葉を浸し、それからアクを取ります。

デージーのボディケア

デージーは、汚れた油性の皮膚のケア製品を作るために使用することができます。それらは、軟膏、クリームまたはデージーチンキーとして処理することができます。これらの治療法は、アトピー性皮膚炎の治療にも役立ちます。

自家製ヒナギク軟膏 は、創傷治癒、抗炎症であり役立ちます。これは 、マッサージオイルまたは純粋なボディケア製品としても使用することができますデージーと蜜蝋で作られています。

 

検出と収集のヒント

小さなデージーは太陽に向いているので、いつも太陽の方に花の頭を回し、夜と雨になると花を閉じます。ヨーロッパでは短い芝生があればどこにも、デージーを見かけます。遊び場は自分の庭園の隣にある収集地点としてとてもいいです。途中の犬も植物毒も使われていません。非常に速く成長し、あなたは冬でも新鮮な花を見つけるでしょう。

特徴:葉は地面に近い葉のロゼットにあり、約4センチメートルの高さ。
花頭は長さ約8cmの葉なしの茎に鎮座していて、白またはピンクの葉。
花の真ん中に深い黄色の管状の花があります。

 

 

 

 

 

 

デージーチンキでお肌の手入れ

デージーチンキでお肌の手入れ

春といえば、デージーを思い出すでしょう。

デージーには、ビタミン、精油、サポニン、タンニン、抗酸化物質がたくさん含まれています。
デージーのピンクの花は、特に貴重な植物物質が豊富で、アントシアニンを含みます。
それは、抗酸化作用を持つ植物色素で、肌の老化過程を打ち消し、皮膚細胞を損傷から守ります。
ぜひ、デージーをスキンケアとして利用するために、簡単なチンキを作りましょう。

肌に栄養を与え、小さな発疹や創傷に抗炎症作用を及ぼします。
デージーチンキは、歯茎の炎症のための優れたうがい薬にもなります。

チンキとは

ほとんどのチンキはアルコールで作られ、貴重な植物性栄養素を保存するために使用されます。
植物の部分は、アルコールの中に浸されて、活性成分を抽出します。
成分は完全に保存され、自然療法として使用可能です。
チンキを調製するためには、高濃度のアルコールが適しています。
例えば、少なくとも40%のアルコールを含むウォッカ。

しかし、すべてのチンキでアルコールを使うのは意味がありません。
特に子供や敏感肌の人には、酢を使った抽出物が良い選択肢です。
抽出された成分は全く同一ではありませんが、作用様式は似ています。

 

アルコールのデージーチンキ

有効成分の多くは、デージーハーブティーの助けを借りて使用することができます。
それを濃縮すると、チンキで保存することができます。
摘みたてのデージーの花の部分、密閉容器、アルコールとダークブラウンのガラス瓶を、必要とします。

1.デージーのきれいな花を選ぶ。

2.花びらの中に埋もれている昆虫が這い出ていくよう、しばらくの間、日陰に花を置く。

3.密閉容器に花を入れ、軽く押す。

4.花が覆われるまでアルコールで満たす。

5.容器の蓋を閉じて、室温で約3〜4週間暗所に放置。

6.有効成分がよりよく溶解し、カビが防止されるように、毎日または1日おきに軽​​くガラスを振る。

7.完成したチンキを濾して遮光性の保存容器に注ぐ。

にきびや他の皮膚のトラブルに対する外的な使用のためには、
チンキをふくませた綿パッドでそっとふいてみましょう。

内部的に適用すると、チンキは風邪や春の疲れを助けることができます。

アルコールなしのデージーチンキ

1.デージーの花を集め、昆虫が花びらの中から出てしまうよう、短時間乾燥させる。

2.密閉容器に、花を入れ、リンゴ酢約200 mlを注ぐ。

3.瓶を閉じ、室温で暗所に約2週間放置する。

4.毎日静かに振る。

5.濾しながら、遮光性の保存容器に注ぐ。

アルコール抽出物は非常に耐久性があり、時には数年ということもあります。
残念なことに、酢は長く持続するものではないため、早めに使い切ってしまいましょう。