カモミールティーの準備!

カモミールは、 香りや白と黄色の小花から大変人気で、ほかに効果的かつ強力なハーブ。
腹痛を助けることで知られていますが、もっと多くの作用があります。欧州では伝統生薬製剤の欧州指令の1つとして認定されました。過去記事:欧州伝統製薬製剤認定のハーブ
これは、EU統合で医薬品の原料として認定した、ということです。カモミールを使って医薬品を作ることができます、ということです。医薬品は当然薬剤師のみが取り扱いできるものですが、医薬品ではないハーブティーの取り扱いは医薬関連以外でも可能です。日本は医薬品原料と認定されるとその段階で、医薬品メーカーと薬剤師以外の取り扱いができなくなります。そこがEUと日本とは少し異なります。

 

カモミールの多くの健康成分を使用する良い方法は、ハーブティー。カモミールティーは、最も人気があり、ベストセラーのお茶の1つです。このコラムでは、自分で収集した花からカモミールティーを作る方法とそれが役に立つものについて説明します。
ニュースレター掲載のコラムの、特に料理レシピに使うハーブは、ご自身が作るハーブガーデニング、近所の自然から収穫したものを使用します。ハーブの香りサイトのガーデニングをメインとする方々へのコラムで、収穫直後に使うハーブのレシピの素材は、販売はしておりません。スーパーではいくつかの生のハーブがありますが、自分で栽培するハーブとはずいぶん異なると思いますが使用することはできます。

 

カモミールティーの準備

ハーブティーには、新鮮か乾燥かにかかわらず花を使用します。カモミールの開花期は5月に始まり、9月に続き、6月と7月に花の頭が完全に開放されているがまだ枯れていないときに最も良い収穫時期となります。

カモミールは、カモミールモドキや牧草地のマーガレットなどの他の植物と容易に混同する可能性があります。しかし、花の頭を開くとき、その違いは簡単に決まります。実際のカモミールでは、花の底は中空であり、黄色の種がたくさんあります。

 

準備を進めるには:

  1. 2〜3杯のカモミール花をカップに加える。
  2. お湯250mlを加える。
  3. 10分間カバーする。
  4. 濾した後、お楽しみください。

カモミールハーブティーの効果

カモミールは様々な治癒特性を持ち、特に腹痛を助けることで知られています。さらに、芳香のある味があり、それが多くの茶ブレンドに含まれています。

しかし、カモミール茶は、腹痛だけでなく、鼓腸、消化器系の問題、下痢、便秘、胃腸管の炎症などの多くの他の胃腸の苦情を緩和することができます。

カモミールの抗炎症特性は、咽喉炎および炎症ならびに他の冷やしてしまう症状や鼻水を和らげるのに役立ちます。

さらに、睡眠の問題に対する効果や、その癒しと鎮痙効果の成分がカモミールの花にはあります。

ときに口の中やのどの炎症、うがいするために毎日数回使用することができます。外部的には、皮膚炎、湿疹に対して使用することができます。

 

カモミールハーブティー、あります

ドライハーブですぐに利用したい!ときは。
当店で販売してます。