なぜ1981年に小説でコロナウイルス感染が「予見された」のか?

Twitterで公開された投稿に困惑した多くのインターネットユーザーがいて、そこから世界中にニュースが広がっています。実際、Twitterには、The Eyes of Darknessというタイトルの小説があります。これについては、Wikipediaも話しています。いくつかの理論によれば、40年前にコロナウイルス感染を「予測」したという歴史。実際、この本は1981年に出版されました。ひどい偶然か、計画的なものですか。

B20200310

1981年の小説におけるコロナウイルス

ベストセラーThe Eyes of Darknessの著者であるDean Koontzは、息子の損失のために平和を与えない母親の物語を語っています。彼は他の多くの人々と一緒に、キャンプ場で不思議なことに死にます。ストーリーは、生物兵器プログラムの一環としてウイルスを作成する中国の軍事研究所を参照しています。事実をさらに不可解なものにしているのは、第39章で、Koontzは研究室が武漢にあると指定していることです。そのため、問題のウイルスはWuhan-400と呼ばれています。

バイラルになったツイート

ソーシャルメディアのさまざまな投稿の中で、インドの政治家でありインド国民会議のメンバーであるマニッシュ・テワリのツイートも有名になりました。彼の投稿で は、コラナウイルスは武漢-400と呼ばれる中国人によって開発された生物兵器ですか?この本は1981年に出版されました。抜粋を読んでいますか?(Coranavirusは、武漢-400と呼ばれる中国人によって開発された生物兵器ですか?この本は1981年に出版されました)。

同様の症状

Koontzの本では、Whuan-400の症状は今日知られているコロナウイルス、いわゆるCOVID-19と非常によく似ています:発熱、疲労、呼吸困難です。しかし、ネット上の多くの人が尋ねている質問はこれです:この場合、誰かが実験室でウイルスを準備した可能性はありますか?それとも、陰謀の通常の狂信的な理論ですか?「彼らはウーハン市外のRDNA研究所で開発されたウイルスを「ウーハン-400」と呼んでおり、そのセンターで作成された15世紀の実行可能な多様な人工微生物でした」

ソーシャルコメント

ツイートに関連するソーシャルメディアに関する多くのコメント:«書かれた本に同様のストーリーラインがある可能性があります。陰謀理論には「終わりはありませんが、他の人は疑念を抱いています。」確かに興味をそそられ、真実が明らかになることを願っています。あなたはどうですか?どう思いますか?