インフルエンザとコロナウイルス、症状は似ていますが

イタリアはまだ先週インフルエンザのピークに直面していますが、先週わずかに減少しましたが、コロナウイルスは依然として世界中で多くの犠牲者を獲得しています。特に中国で。しかし、すべての国で恐怖が広がっており、この病状がイタリアでも広がる恐れが強まっています。主な恐怖は、初期症状が通常のインフルエンザウイルスと混同される可能性があることです。ただし、似ていますが、2つのウイルスは異なります。感染の疑いに対処する方法は次のとおりです。

B20200308

症状と治療

インフルエンザの症状-イスティトゥートスペリオーレデラサニタ-少なくとも初期段階では、新しいコロナウイルスSARS-CoV-2を含む他の呼吸器感染症と非常に似ています:発熱、咳、風邪、のどの痛み。現在イタリアで流通していない新しいコロナウイルスについては、特定の治療法は現在ありません。したがって、現在、支持療法、解熱薬、抗炎症薬および水分補給を伴う重篤なインフルエンザの症例として治療されています。

コロナウイルス、肺炎、呼吸補助

「肺炎の呼吸困難を特徴とするより深刻な形態がある場合-ISS感染症部長のジャンニ・レザは言う-患者は呼吸のための機械的支援を受けて蘇生を追跡する」ISSの調査データによると、イタリアのインフルエンザは年間約200〜300人の死亡を引き起こし、さらに7〜8千人は以前に心血管疾患、呼吸器疾患、その他の疾患を有する人々のインフルエンザによって間接的に引き起こされています。

インフルエンザとコロナウイルスのワクチン

インフルエンザは、特に高齢の慢性疾患の妊婦に多くの問題を引き起こします。しかし、住民は予防接種を通じて身を守る機会があります。ただし、新しいコロナウイルスについては、最も脆弱な人々を保護し、人間人口にとって完全に新しいワクチンをまだ用意していません。「したがって、この期間では、イタリアに新しいコロナウイルスがまだ存在しないレザを結論付ける。大多数の症例の症状はインフルエンザに起因している」。

インフルエンザ、風邪、SARS-Cov2によって引き起こされる症状

Covid19ウイルス、インフルエンザ、風邪の人は、通常、発熱、咳、鼻水などの呼吸器症状を発症します。多くの症状は似ていますが、それらは異なるウイルスによって引き起こされます。これらの類似性のために、症状のみに基づいて疾患を特定することは困難である可能性があります。いつものように、WHOは咳、発熱、呼吸困難のある人はすぐに医師の診察を受けることを推奨しています。症状が発現する14日前に旅行した場合、または呼吸器症状のある人と密接に接触していた場合、患者は医療従事者に通知する必要があります。