イチョウは老後の記憶喪失を遅らせる

新しい長期の研究で、フランスの脳の研究者たちは、イチョウが老年期の記憶喪失の増加を遅らせることができ、したがって早期に摂取すると認知症の前段階を遅らせることができることを示しています。

B20200306

特に高齢者の増加により、認知症は社会でますます重要な役割を果たしています。病気の中心にあるのは、徐々に進行する脳機能の喪失です。影響を受けた人々は、覚えたり、活動に集中することがますます困難になると感じています。進行した段階では、多くの患者はもはや自分がどこにいるのか、何時なのかを知りません。これまでのところ、止められない脳崩壊の効果的な治療法は見つかっていません。医師は、認知症の発症を遅らせる薬のみを処方できます。これらは、神経細胞を保護し、アルツハイマー病のプラークの損傷効果を軽減します。また、脳への血流とニューロン間のコミュニケーションを改善します。

長期研究で検討されたイチョウ

以前の研究では、これらの肯定的な特性にもかかわらず、イチョウは明らかに効果的ではありませんでした。おそらく研究期間が短いことと、イチョウが診断後にのみ処方されたという事実のために。

したがって、フランスの脳研究者は、65歳以上の3,612人の健康な人の脳の老化に関する20年間の観察研究を評価しました。いわゆるPAQUID研究では、参加者のメンタルフィットネスは、「ミニメンタルステートテスト」などの標準化されたテストを使用して、2〜3年ごとに測定されました。被験者は、認知症を予防するためにどの薬を服用するかも尋ねられました。このデータに基づいて、3つのグループが特定されました。最初のグループは定期的にイチョウの特別な抽出物を摂取しました。2番目のグループは、認知症を予防するために代替薬を使用しました。

早期摂取で成功

2017年初めに発表された研究で、研究者たちはイチョウが記憶障害の進行を減らすことが示されているという結論に達しました。イチョウの特別抽出エキスEGb 761を長期間服用した被験者は、ミニメンタルステートテストで、代替認知症薬を投与したグループおよび同等の薬を使用しなかった患者よりも優れたパフォーマンスを示すことが示されました。フランスの科学者たちは、イチョウは老年期の軽度の記憶障害の治療に使用できると結論付けています。しかし、彼らは、認知症の最初の症状が現れる前に、イチョウの定期的な摂取を非常に早く開始する必要があることを強調しています。