夏の暑さの中で健康的な飲み物は、ハーブティー


夏には、暑い日を乗り越えるためのルールが特に重要です。発汗による水分とミネラルの損失は、時間的にバランスが取れていないと循環障害を引き起こす可能性があるためです。暖かい国の住民は私たちにお茶だけが体を冷やすことを示しています。

たくさんの水を飲むが、どうやって?

人体には水が65%を占めており、生物にとって不可欠なものです。カロリーがなく、体内の汚染物質をより早く減らすのに役立ちます。

よく言われていることに、心臓や腎臓の機能が制限されていない健康な成人は、1日に1.5〜2リットル飲んでくださいとあります。高温では、水の需要は2〜3倍になります。理想的には、のどが渇いていないように、一日中定期的に飲んでください。

水だけでは、そんなに飲めない、という方には、ハーブティーが一番いいですね。砂糖漬けの冷たいドリンクなど避けることもできますし。

体が汗で自身の冷却システムをオンにすると、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛などの重要なミネラルも除去されます。ミネラル不足が時間的にバランスがとれていないと、循環器系の問題、頭痛、そして疲労につながる可能性があります。

ハーブには、豊富なミネラルがたっぷり含まれていますから、お好きなハーブを使って楽しめることができます。

氷をたくさんコップに入れ、熱くて濃いめのハーブティーを注ぐだけでできあがり。

×

カート

パネルを閉じる