1日の体に必要なエネルギー

5:00 – 7:00 腸

5時から7時までは、腸にとって最大の流れの瞬間です。あなたが便秘に苦しんでいる場合、関連する感情は「保持」、「立ち往生」、あなたが手放したくないものを自分自身に尋ねてみてください。

7:00 – 9:00 胃

7時から9時までは、胃が最高の食べ物を受け取る準備ができている時間です。それが、朝食が欠かせない理由です。継続的な不機嫌そうな目覚めは消化の質に悪影響を及ぼすでしょう。

9:00 – 11:00 脾臓

9時から11時の間に、脾臓は胃からエネルギーを吸収することによって仕事を完了しなければなりません。ストレス、不安、心配は行動を制限し、これは一日中影響します。

11:00 – 13:00 心臓

11時から13時まで、心は私たちに喜び、平和、そして人生を楽しむ能力をもたらします。心はこれらの感情で強化され、これらの時間の疲労はエネルギーブロックを示します。「心は命じられていない」ということを忘れないでください。これらの時間を身体活動や日光にさらさないでください。心臓は過度の熱が好きではありません。

13:00 – 15:00 大腸

13時から15時までは、胃と腸の最大ピークであり、それは昼食時です。喜びと静けさでランチを摂ることは有益に心臓と小腸に影響を及ぼします。

15:00 – 17:00 膀胱

15時から17時までは、膀胱が臓器の時間であり、感情は恐怖です。これらの時間は、不安や恐怖の瞬間、または腎臓のエネルギー的な弱さを示しています。味噌汁一杯はわたしたち日本人がこの時点で膀胱を強化するために使用する救済策です。

17:00 – 19:00 腎臓

17時から19時まで、膀胱が恐怖によって刺激されれば、腎臓がその支配体です。意志、バランスのとれた臓器の安全性を必要とします。塩は刺激的な要素です。

19:00 – 21:00 心膜

19時から21時までは、心として喜びに支配される心膜です。これらの時間帯には、終わったその日の喜びの表明がしっかりできた心に敬意を表します。

21:00 – 23:00 口から泌尿器まで

午後9時から午後11時までは、心を支え、夜の準備をするバランスをとる子午線です。安らかな睡眠を可能にします。

23:00 – 01:00 胆嚢

午後11時から午前1時まで胆嚢は勇気と判断のバランスをとる能力に関連しています。この時間帯に眠ると頻繁に目覚めます。

1:00 – 03:00 肝臓

1時から3時まで、胆嚢と肝臓が相乗的に作用するので、前の2時間は肝臓の解毒作用の一部と考えられ、怒りと欲求不満のすべての毒性効果から解放しようとします。これらの時間の睡眠は、否定的な感情からも過剰な肯定的な感情からも再生され、使用可能なエネルギーを回復させるため、基本的なものです。

3:00 – 5:00

3時から5時の間に、これらの時間の早い目覚めは苦悩、悲しみ、涙について語ります。声の低下は、肺のエネルギーが低いことを示している可能性があります。このような時間帯に眠って休んでいることは、翌日消費されるための良好なエネルギー回収にとって不可欠です。

メニューを閉じる
×

カート