たんぽぽとウコンの力

たんぽぽ(葉)とウコンは、多くの共通点があり、浄化力、アンチエイジング力、消化力をもたらします。

たんぽぽとウコンのハーブティーの特性のおかげで、時間の経過とともに蓄積された毒素を除去して、発酵プロセスを減らすのを助け、浄化を自然に促進することができます。

「インドのサフラン」とも呼ばれるウコンは、 ジンジャー科に属する熱帯の草本植物です。

ウコンは台所で自然な香りとしても使用されています。植物療法の観点からも興味深い植物にする有効成分はクルクミンです。

タンポポはキク科の多年生植物です。タンポポはイソプレノイド、イヌリンと苦み成分を含みます。この植物は、利尿作用と浄化作用のために何千年もの昔から知られています。

タンポポと同様に、ウコンは胆汁分泌の特性を持っています。そして、それは胆汁の生産と腸への流出を促します。また抗炎症性、免疫刺激性および抗酸化性もあります。

どちらのハーブも消化器系疾患、肝臓、胆道系疾患の治療に推奨されています。

たんぽぽとウコンのハーブティーに、フェンネルを加えると、高い吸収力を得ることができます。

ペパーミントとミルクシスルは、免疫保護剤であり、肝臓の症状を治癒し、さらにペパーミントは胃や腸に関連する問題に対して有益な行動をとることができます。