エキナセアの有用期間限度は誤訳だった

私たちの多くは、
エキナセア(血液浄化器と抗生物質)が2週間も使用できることを学びました。

アメリカのFDAに相当するドイツの研究拠点(Komission E)で、ワゴナーとバウアーはこの事実を実証しました。

彼らの研究はまた、この植物のチンキにした抽出物は、それが栽培、収穫および抽出された方法に依存して化学的に有力であるかどうかを示しました。

有用期間は2週間続きました。
Echinacea angustifoliaとE. purpureaではないが
E. pallidaの植物品種はすべて薬理学的活性を有していました。

エキナセアが1週間あるいは、2週間以上使用できないことを示唆する証拠は、実はこの世に存在していません。

元の研究では、エキナセアは5日間有効であることが判明し、
その後研究は中断されました。

もともとドイツ語で書かれたこの論文は誤訳され、
エキナセアの効果が5日後に高まると信じてしまっています。

確かに、アメリカではエキナセア飲用期間の制限をよく見かけます。

ただ、5日間は、有効であったが、そのあと、2週間以上は有用ではない、という実験は行われていないのです。

エキナセアは数か月、という長期的にいくつかの専門家によって使用されていて、

典型的には、慢性的な風邪などに有用な免疫強壮剤として使用されています。

アメリカでは、セントジョーンズワートに並び、人気No.1,2を争うほどの人気です。
ドイツでも同様です。

フランス、ドイツ、イタリアでの、薬草学者、ハーバリスト、薬草製薬会社でも、エキナセア飲用の制限に関する記述は見かけません。