スリッパリーエルム–今週のハーブ

スリッパリーエルム は、スープハーブティーとして利用できますし、ベジタリアンのたんぱく質供給として利用されているハーブ。ビタミンA、B複合体、C、E、K、たんぱく質、カルシウム、鉄、マグネシウム、リン、カリウム、ケイ素、ナトリウム、亜鉛などを含み、体力を蓄えるための栄養源が多く含まれています。

スリッパリーエルムの樹皮には粘液が含まれています。粘液は、水と混ぜると滑らかなゲルになる物質です。この粘液は、口、喉、胃、腸を覆い、落ち着かせ、喉の痛み、咳、胃食道逆流症、クローン病、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、憩室炎、下痢に最適です。

slipperyelm

1.消化機能の改善に役立ちます

スリッパリーエルムは大人と子供の両方を含む便秘、胃食道逆流症と過敏性腸症候群の症状を改善します。新鮮な内側の樹皮は、他の天然下剤の代わりに、または一緒に使用することができます。

被験者は、排便頻度が20%増加し、緊張、腹痛、腹部膨満、全体的な過敏性腸症候群の重症度が大幅に低下し、便の一貫性が改善しました。

スリッパリーエルムはまた、特定の研究で下痢や憩室炎を治療することが示されています。さらに、神経終末の逆流刺激を引き起こし、その反応が粘液分泌の増加につながるため、消化管の潰瘍や過剰な酸性度から保護するのに役立つ可能性があります。これはほとんどの人を助けるだけでなく、実際にあなたの犬にも多くの救済を与えることができます。

2.減量に役立つ可能性があります

スリッパリーエルムには消化を改善する能力があるので、これは体重減少に役立つかもしれません。

ニューヨークカイロプラクティックカレッジで実施された研究では、教員、スタッフ、学生、コミュニティメンバーからの通常の参加者を使用して、21日間の減量プログラムに参加しました。消化を促進し、コレステロール値を下げ、代謝率を高め、炎症過程を仲介することを目的とした消化酵素を含む栄養補助食品は、各食事の30分前に摂取されました。

研究の終わりに、研究者は参加者が臨床的に意味のある体重の減少と低密度リポタンパク質コレステロールを経験したことを発見しました。「減量と総コレステロールおよび低密度リポタンパク質コレステロールレベルの改善は、低エネルギー密度の食事療法と計画的なサプリメントプログラムの後に発生した」と結論付けられました。

3.酸化ストレスを減らすのを助けることができます

スリッパリーエルムにはフェノール類と呼ばれる化合物が含まれているため、スリッパリーエルムは天然のフリーラジカルスカベンジャーおよび酸化ストレスのファイターとして機能する可能性があります。

フェノール類は、老化や多くの慢性疾患の一因となる酸化ストレスに対抗する細胞応答を誘発することが示されている抗酸化剤です。植物フェノール類はまた、それらの自然な抗真菌効果のために病原体から保護するのに役立つようです。

4.乳がんの予防に役立つ可能性があります

スリッパリーエルムは、1920年代に、乳がんの治療を支援するオプションとして最初に宣伝されました。スリッパリーエルムの内側の樹皮は、予防のための癌の回復をサポートし、従来の乳癌治療を受けている人々の生活の質と副作用を改善するために使用されるハーブ療法になっています。

より多くの研究を行う必要がありますが、スリッパリーエルムは、バードックなどの特定のハーブと組み合わせると、、うつ病、不安、倦怠感、乳がんの女性の状態を改善するようです。

免疫力を高める効果と抗炎症効果があるため、乳がんに伴う痛みを和らげるのに役立つ可能性があります。

5.乾癬の症状の重症度を軽減

スリッパリーエルムは、特定の研究で、現在治療法がない状態である乾癬の患者を助けることが示されています。

ある研究では、特定の食事療法後の乾癬患者の5つのケーススタディが評価されました。被験者は、新鮮な果物と野菜の食事、魚と家禽からの少量のタンパク質、繊維サプリメント、オリーブオイル、赤身の肉、加工食品、精製炭水化物の回避を含む食事プロトコルに従うように求められました。彼らはまた、スリッパリーエルムのハーブティー(水で)を毎日摂取するように求められました。

研究開始時の軽度から重度までの5つの乾癬症例は、6か月間で測定されたすべての結果で改善し、スリッパリーエルムが乾癬の食事療法に大きな追加を行うことを示しています。