苦味を食べると、健康に良い!

多くの葉状レタスには苦味物質が含まれており、多くの点で私たちの体にプラスの影響を与えます。

 

世界各地の多くの文化では、苦い植物は健康を保ち、普遍的な救済手段と考えられています。また、自然は苦い物質が治癒効果を持つことも示しています。多くの動物は本能的に激しい病気になると苦いハーブを食べます。わたしたちの世界の加工食品はしばしば苦味を補うフレーバーおよび添加物を加えています。

苦味物質は消化を促進する

私たちの舌が苦味を “苦い”と感じるとすぐに、すべての消化液は徹底的に作業を開始します。苦味物質は、食物を使用可能な成分に分解するために、胃液、胆汁および膵臓分泌物の生成を刺激します。腸にとって重要なのは、それだけで適切に栄養分を吸収することができるからです。腸のこと:苦い物質はまだ肯定的な特性を持っています。彼らは蠕動運動、すなわち食物の輸送経路を促進します。その結果、腸の粘膜が刺激されて代謝浪費が増加するのです。

苦い物質は免疫システムを強化する

苦味物質は消化管の粘膜上で運動するかのように働きます。苦い味のために、粘膜は最初に収縮し、次に再び膨張する そして、病原体、毒素はより迅速に除去されます。

しかし、苦味物質が免疫系を押し進めるもう一つの科学的仮説があります。身体は味を危険と認識し、防御して、再び「毒」を取り除きます。すべての体の機能がより速く実行され、免疫システムが強化されるという心地よい副作用があります。

苦い物質は減量に役立ちます

苦い物質は、いくつかの点で証明されています。苦い物質はお菓子の食欲を阻害します。ロケットアーティチョークをなどの苦いハーブサラダを食べると、口の中が苦い味のために、ビスケットとチョコレートを食べてみるとお菓子の味は素早く減少します。満腹感をより早く感じることで、苦い物質は自然の食べるブレーキとして働きます。また、苦味物質はエネルギーの燃焼を促進し、脂肪消化を促進し、体重の健康調節に寄与します。

神経系のバランス

苦い物質は循環を刺激し、心臓を強化します。これらは特に、回復期など弱い場合に推奨されます。苦味物質は、用量に応じて、交感神経と副交感神経を刺激するというのは興味深いことです。交感神経は活動、副交感神経系の休息を担います。味覚情報「苦い」は、今や器官を強化し、エネルギーを与えることができます。同時に、苦味物質は消化と排泄を活性化し、再生を確実にします。

苦味物質が肝臓を支えます

肝臓は非常に堅牢で、現代的な、小さな病変から簡単に健康を取り戻すことができます。良好な再生能力にもかかわらず、器官はマインドフルさに満足しています。肝臓は、苦味のあるハーブ、野菜や果物の豊富な供給によって支えられています。これらの食品は、肝臓と胆嚢の協力パートナーのように行動します。苦味物質は、胆汁の流れを刺激し、その解毒機能において肝臓を支持します。