ハーブで傷口の応急処置

  • めあり 竹内
  • 2018-04-03
  • ハーブで傷口の応急処置 はコメントを受け付けていません。
  • コラム, 毎日のハーブ

これからの季節は、自然に入ることが多くなりそうですよね。

そんなときのハーブのお役立ち情報を。

ハーブの葉は、
治癒効果だけでなく、多くの場所で見つけることができるため、素晴らしい応急処置になります。

多くのハーブでの処置

効果的な即時救済は、害虫の咬傷におけるジャガイモの葉。葉は石で潰します。これによりかゆみや腫れが軽減されます。

ネトルも同じように扱うことができます。

ツリフネソウ(Impatiens)も同様です。写真右

指で葉をこすり、それを軽く日焼けした肌にこすります。

 

 

 

最初の創傷ケアはハーブで

創傷ケアでは、ハーブは、止血および抗菌効果によって貴重な貢献をすることもできます。

しかし、バクテリアが葉や唾液を介して傷口に入って感染する危険性もあります。

そのため、誰もが創傷ケアを進める方法を自分で決めるべきです。

小傷の創傷ケアのために、私はきれいな葉を使用し、それを噛んで傷口につけます。

水疱や痛みのために

オオバコは、痛みを伴う、疲れた足や疲れた足や靴擦れの水泡を助けてくれます。

葉を完全に靴の中敷きとしていれます。
でも、葉から汁が出ますので靴下が気になる場合もありますが、その汁が、有益な効果を広げます。